1. HOME
  2. ブログ
  3. 活動報告
  4. ドイツクリスマス文化体験

ドイツクリスマス文化体験

昨日は今年最後の本番、歌い納めでした!

ドイツクリスマス文化体験

「ドイツクリスマス文化体験」

山梨大学と山梨市の共同主催で、前半ではドイツのクリスマスをスライドで紹介しながら、クリスマスにちなんだ合唱曲やソロ、二重唱を聴いていただいた後、後半はベートーヴェン〈幻想合唱曲〉を二台ピアノと6名ソリスト、合唱で演奏しました。

呼んでいただき、演奏させてもらえる有り難さ!

演奏することだけに専念でき、色々あり過ぎた今年の最後に集中させてもらえた環境で良い歌い納めが出来て嬉しかったです。

11月ごろからあまりに立て込み過ぎて、今思えばしんどかったけれど、本番を無事に完走できたことに感謝の気持ちで一杯です。

池山 洋子さんの〈幻想合唱曲〉ソロはとても素晴らしく。

水曜日にフォルテピアノの魅力にどっぷりハマった直後の昨日でしたが、池山洋子さんの演奏はモダンピアノの良さが全開。やっぱり別物です、モダンはこう来なくちゃ!モダンピアノはモダンピアノでやっぱり良いし素敵だ、と心から感じたのでした♪

学生さんの佐藤綾乃さんも〈幻想合唱曲〉のあの難しいオケパート、良く弾かれていました!私のソロや志村かおりさんとのデュエットの伴奏も、沢山で大変だったと思います。

上野 隼さん指揮で、片野 耕喜さん、志村 かおりさん、石丸 茂さん、学生の中島 那李さんや猪又光貴さんとのソリストたち、また合唱団と歌った〈幻想合唱曲〉は楽しさを噛み締めながら。やっぱりベートーヴェンは年末っぽい。志高く。華々しく、力強く締めくくれました。

今回の私のハイライトは、やはり憧れの志村かおりさんと二重唱が出来たこと!14年前の山梨県民オペラ〈ヘンゼルとグレーテル〉で魔女を歌ったかおりさんの本番直前の集中力、本番の圧倒的な存在感を間近で見てからずーっと憧れていた共演!ありがとうございました。幸せでした。

ホールを出たところで、”工房 STANGL”のドイツ菓子がテントで売られていて、やっと年末年始へのワクワク感とともに、ようやく心の中に”Ruhe”を感じられました。

プログラム

第1部
前奏 クリスマスメドレー ピアノ 植田莉朱 奈良千尋
おはなし [ドイツのクリスマス]
合唱 F.グルーバー きよしこの夜
おはなし [クリスマスの飾り]
うた E.フンパーディンク クリスマス 川口聖加
二重唱 E.フンパーディンク 夕べの祈り 川口聖加 志村かおり
おはなし [クリスマスマーケット]
合唱 J.A.P.シュルツ 月が昇った 先唱 小俣素美恵
二重唱 J.オッフェンバック 妖精たちの二重唱(ホフマンの舟歌) 川口・志村
おはなし [クリスマスのお菓子と飲み物]
合唱 M.プレトーリウス エサイの根より 先唱 中島那李

第2部
L.v.ベートーヴェン作曲 合唱幻想曲作品 80
ピアノ 池山洋子 佐藤綾乃
ソプラノ 中島那李 川口聖加
アルト 志村かおり
テノール 片野耕喜 石丸茂
バス 猪又光貴
合唱 合唱団『甲府コレギウム・アウレウム』
山梨大学アカデミークワイア
指揮 上野隼

記事一覧

Seika Kawaguchi

声楽家。山梨県甲府市出身。新潟大学教育学部、同大学院教育学研究科にて声楽を専攻した後、渡欧。オランダ王立音楽院のソロ声楽科で学び、国家演奏家資格を取得し卒業。フランス・ドイツ歌曲を中心に、バロック声楽曲、宗教曲、現代曲まで幅広いレパートリーを持ち、国内外で演奏活動を行っている。

関連記事